『そうだったのか! FX大相場の真実』 吉田恒

FXをはじめ、トレードに従事している方は読んでおいたほうがよい本。

為替は動くときにはどれほど動くことがあるのか。

相場はなぜ当初の予想に反して、大きく一方方向に動くことがあるのか。

トランプ氏が大統領になったとき、株式は下落するとの予想が大方の見方であったが、

実際には、トランプ大統領の誕生後、大幅な上昇が続いた。

それは、当時のマーケットの環境が非常に悪く、行きつくところまで悲観的であったことから、その反動で、下げられずに上がるしかなかったという趣旨であるが、相場の動きは確かにこうした側面があると思う。

このことは、トレードに真剣に従事している方であれば納得してもらえるのではないかと思う。